パーソナリティ障害による問題|自分や周りを傷つけるココロの欠点

自己を誇大化させる傾向

悩む女性

自己愛性パーソナリティ障害と聞けば、多くの人は強いナルシスト傾向を持つ人であろうと考えるでしょう。常に自分自身の話ばかりをする人や、自分の髪型などを過度に気にする人がこの障害に当てはまると考える人もいますが、こうした傾向にあるだけでは障害とは認められません。パーソナリティ障害とは、障害を抱えている本人以外にも、周囲の人へ多大な影響を与えてしまう精神傾向にあります。衝動性や強迫性が絡んでいるため、自分の意思では自制できない点が特徴であり、単なるナルシスティックな言動とは一線を画するのです。自己愛性パーソナリティ障害となっている人もまた、自分や周囲の人へ大きな負担を強いる精神傾向となります。他人と比べ自分自身を特別視しているため、周りの人へ尊大な態度を取ることや、相手との関わりにおいて自分が正当な評価を受けていないとして、激しい怒りを向けることも多くあります。自分自身が華々しい成功を収めることを常に妄想しており、自分自身が抱いている妄想を信じきっている事も特徴です。根拠のない嘘を相手に話すことや妄想に基づいた行動を起こし、周囲や自分へ負担を与えることも行ってしまうのです。自身が理想とする評価を得るべく、しばしば相手を利用する事も多くあります。他人の信頼を簡単に裏切るので周りから恨みを買い、周囲からの孤立だけでなく、社会的にも孤立することが多くあるため問題となるのです。

自己愛性パーソナリティ障害は、幼少期に自己像をはっきりと構成できないことで発症するとされています。親からの愛情不足や関心を持たれないなどの家庭環境にあると、自分自身の存在を実感することができません。そこで親から認められるために自分が理想とする人物を夢想し、自己同一化することでこうした自己愛性パーソナリティ障害が発症するとされています。パーソナリティ障害は、専門の医師とのカウンセリングにより、自分自身の状況を認知させることで衝動性や強迫性を自制させ、治療を行うものです。自己愛性パーソナリティ障害である人となると、妄想する輝かしい自分から現実の自分自身を直視させることとなります。そのため治療を避ける事や、深い不安感に苛まれる傾向があるので、改善させるには長いスパンでの治療が必要となるでしょう。